2024年4月29日

春過ぎて夏来るらし白たへの/04.29

ヤマボウシ「山法師」

ヤマボウシ「山法師」04.29/2024 穀雨 上州藤岡庚申山

万葉集 巻一 天皇御製歌

28 春過ぎて夏きたるらし
  白たへのころもしたり
    天の香具山

春過而はるすぎて 夏来良之なつきたるらし 白妙能しろたへの 衣乾有ころもほしたり 天之香来山あめのかぐやま

新古今和歌集 夏歌   175番 持統天皇

春すぎて 夏にけらし 白妙しろたへ
  ころもほすてふ あま香具山かぐやま

穀雨の4月26日は庚申山でした。ヤマボウシが咲いたなと数ショットし緑野山へ行きました。で、銀蘭金蘭などを撮って帰ってきました。がね、パソコンで見たらヤマボウシじゃなくて花水木でした (°_。)ズリ

29日は庚申山でヤマボウシを撮ってから多比良へ廻りました。咲き始めた藪手毬ヤブデマリを見てたら「春過ぎて夏来るらし白妙のころも干したり天の香具山」持統天皇の万葉歌が…「春が過ぎて夏が来る。白い衣を香具山に干す夏が…」て、香具山の洗濯歌とか、、、

古来、洗濯は川、山は柴刈りなんだけどな。ふんなで解説サイトを覗き廻りました。暮らしの歳時記-2006年6月をリンクしときます。難解歌ですね。定家が新古今集で本歌取りし、百人一首にも採ってます。両方載せときました。たぬき的には初夏の白い花をころもに見立てた歌かと (^-^)

2024年4月21日

山ざくら我が見にくれば春霞…/04.04

子王山とさくら花

子王山とさくら花 04.04/2024 清明 上州藤岡下日野

古今集 春歌上   51番 よみ人しらす

やまさくら わか見にくれは 春霞
  峰にもをにも たちかくしつつ

山桜を愛でようと来たのですが霞が峰から麓まで立ちこめてます。まるで桜を隠すかのように

山ざくら我が見にくれば春霞
  峰にも尾にも立ち隠しつゝ

 

古今集 春歌上   57番 きのとものり

いろもかも おなしむかしに さくらめと
  年ふる人そ あらたまりける

詞書に「桜の花のもとにて年の老いぬることを嘆きて詠める」とあります。桜は昔のままだけど見る人は色も香も失い老いたことよと…

色も香もおなじ昔にさくらめど
  年ふる人ぞあらたまりける

清明です。咲き始めた江戸彼岸を撮ったるぞ!と箕輪に来ました。白花立坪すみれや茜すみれを撮り、肥後すみれ狙いでちょい移動したと。が、なんと急坂路で脱輪し牽引してもらう破目に(〇o〇;)

江戸彼岸のヨリとヒキ↓です

エドヒガン

4月4日に箕輪に往き子王山を撮りました。令和六年のブログ始めと書きだして4月21日に公開…

2024年3月21日

霞たちこのめもはるの雪ふれば/03.21

赤城山に雲が

赤城山に雲が… 03.21/2024 春分 上州藤岡鮎川

古今集 春歌上 九番 きのつらゆき

霞たち このめもはるの 雪ふれは
  花なきさとも 花そちりける

詞書は「ゆきのふりけるをよめる」。古今集の解説書てぇと、掛詞や見立とか和歌技法の事ばかりで、読んでもチンプンカンプンじゃ。それに古語も知りません。ふんじゃが、狸流で漢字交じりで書いてみましたとさ。

霞たち木芽このめもはるの雪ふれば
  花なき里も花ぞ散りける

あっ、歌意は「霞がかり木の芽もふっくら芽吹く春です。そんな春にも雪がふります」。下句は雪を花に見立て「まだ花が咲かない里が花が散ってるようだ」てなとこかと…
でね、雪を花に見立てるなんでトンデモナイと叫んだお方がいたとか… そのお方、万葉集は好んでましたね。大伴旅人の短歌を貼っとくだよ。

万葉集 巻五 梅花歌卅二首より

0822 わが園に梅の花散る
  ひさかたの天より雪の流れ来るかも

和何則能尓わがそのに 宇米能波奈知流うめのはなちる 比佐可多能ひさかたの
  阿米欲里由吉能あめよりゆきの 那何列久流加母ながれくるかも

3月21日は日野谷で壇香梅、油瀝青、花猫の目などが撮れました。で、トップページをつくったとさ

2023年9月19日

イトトンボ/09.04

イトトンボ
イトトンボ「糸蜻蛉」 イトトンボ「糸蜻蛉」 イトトンボ「糸蜻蛉」

9月4日の夕方でした。ドングリを撮っててイトトンボに気づきました。オートじゃ合焦しません。マニュアルに切り替えて眼力頼み。が、暑いし10ショットほどでヘロヘロに (^_^;
狸庵に戻って絵合わせしたけど、これかな程度でピッタリのお方が見つかりません。もっと、いろんな角度で撮ってこなくちゃ… しょうがないんでイトトンボとよんどきます。

イトトンボ「糸蜻蛉」 イトトンボ「糸蜻蛉」 イトトンボ「糸蜻蛉」

8月11日の高山で紅色をしたイトトンボを撮ってます。未成熟なアオモンイトトンボの雌かも

2023年8月12日

水無月二十五日の月/2023.08.11

水無月二十五日の月

水無月二十五日の月 2023/08/11 25:54 上州藤岡

水無月二十五日の月 水無月二十五日の月 水無月二十五日の月

もう立秋ですね。七十二候を書いときます。
初候 八月八日 ~ 八月十二日   涼風至すずかぜいたる
次候 八月十三日 ~ 八月十七日  寒蝉鳴ひぐらしなく
末候 八月十八日 ~ 八月二十二日 蒙霧升降ふかききりまとう

古今集 巻四 秋上 秋立つ日よめる 藤原敏行朝臣

あききぬと めにはさやかに 見えねとも
 風のおとにそ おとろかれぬる

秋がやってきたと、目にははっきり見えないけれど、風の音を聞いて、あっ、秋だと気付いたんさ

もう、月が昇ってきたかと深夜にブラリと…
夜風がここち佳し。まさに「すずかぜいたる」です。ついつい80ショットしちゃっいました。

1枚目はテレ端で露出補正なし。2枚目はほぼワイド端で露出補正なし。3枚目はちょいズームで雲が視えた瞬間にパチリ。地球影が写っちゃったけど4枚組なんで、まぁ、いいかと… 4枚目は車のヘッドライトで照らしてパチリ。

ありゃ、もう、朝じゃぞな。シャワーしてちょい寝じゃ。今日も休みならいいんだけど…

2023年8月2日

望月「水無月十五日」/8.1

大暑の望月

大暑の望月 2023/08/01 25:14 上州藤岡

巻六 大伴坂上郎女の月の歌

 983山葉やまのはの 左佐良榎壮子ささらえをとこ
天原あまのはら 門度光とわたるひかり 見良久之好藻みらくしよしも

山の端のささらえをとこ
天の原門渡る光見らくしよしも

右の歌は、或いは曰はく、月のまたの名を「ささらえをとこ」といふ、此のことばりて此の歌を作るといへり。

巻七 天を詠む

1068天海丹あめのうみに 雲之波立くものなみたち
月船つきのふね 星之林丹ほしのはやしに 榜隠所見こぎかくるみゆ

天の海に雲の波立ち
月の舟星の林に漕ぎ隠る見ゆ

右の一首は、柿本朝臣人麻呂の歌集に出づ。

巻七 月に寄す

1372三空徃みそらゆく 月讀壮子つくよみをとこ
夕不去ゆふさらず 目庭雖見めにはみれども 因縁毛無よるよしもなし

み空行く月読をとこ
夕去らず目には見れども寄るよしもなし