2024年4月29日

春過ぎて夏来るらし白たへの/04.29

ヤマボウシ「山法師」

ヤマボウシ「山法師」04.29/2024 穀雨 上州藤岡庚申山

万葉集 巻一 天皇御製歌

28 春過ぎて夏きたるらし
  白たへのころも干したり
    あめの香具山

春過而はるすぎて 夏来良之なつきたるらし 白妙能しろたへの 衣乾有ころもほしたり 天之香来山あめのかぐやま

新古今和歌集 夏歌   175番 持統天皇

春すぎて 夏にけらし 白妙しろたへ
  ころもほすてふ あま香具山かぐやま

穀雨の4月26日は庚申山でした。ヤマボウシが咲いたなと数ショットし緑野山へ行きました。で、銀蘭金蘭などを撮って帰ってきました。がね、パソコンで見たらヤマボウシじゃなくて花水木でした (°_。)ズリ

29日は庚申山でヤマボウシを撮ってから多比良へ廻りました。咲き始めた藪手毬ヤブデマリを見てたら「春過ぎて夏来るらし白妙のころも干したり天の香具山」と、あの洗濯歌が…


古来、洗濯は川、山は柴刈りなんだけどな。ふんなで解説サイトを覗き廻りました。暮らしの歳時記-2006年6月をリンクしときます。難解歌ですね。定家が新古今集で本歌取りし、百人一首にも採ってます。両方載せときました。たぬき的には初夏の白い花をころもに見立てた歌かと (^-^)

2024年4月21日

山ざくら我が見にくれば春霞…/04.04

子王山とさくら花

子王山とさくら花 04.04/2024 清明 上州藤岡下日野

古今集 春歌上   51番 よみ人しらす

やまさくら わか見にくれは 春霞
  峰にもをにも たちかくしつつ

山桜を愛でようと来たのですが霞が峰から麓まで立ちこめてます。まるで桜を隠すかのように

山ざくら我が見にくれば春霞
  峰にも尾にも立ち隠しつゝ

 

古今集 春歌上   57番 きのとものり

いろもかも おなしむかしに さくらめと
  年ふる人そ あらたまりける

詞書に「桜の花のもとにて年の老いぬることを嘆きて詠める」とあります。桜は昔のままだけど見る人は色も香も失い老いたことよと…

色も香もおなじ昔にさくらめど
  年ふる人ぞあらたまりける

清明です。咲き始めた江戸彼岸を撮ったるぞ!と箕輪に来ました。白花立坪すみれや茜すみれを撮り、肥後すみれ狙いでちょい移動したと。が、なんと急坂路で脱輪し牽引してもらう破目に(〇o〇;)

江戸彼岸のヨリとヒキ↓です

エドヒガン

4月4日に箕輪に往き子王山を撮りました。令和六年のブログ始めと書きだして4月21日に公開…