たぬきのためいきたちつてと

2014-02-04

雪の紅梅

八重紅梅 二十四節気の立春、狸ん家は今日から春です。がね、なんと雪になりました。寒いです。ふんじゃが希少な雪景色を撮っておこうと、昼に多比良へ行き、あの八重紅梅をパチリしてきました。で、ヒキをトップに貼っときましたとさ。 (=^_^=) ヘヘヘ

八重紅梅 雪といっても春の雪です。すぐに融けちゃいます。ピントグルグルやってて水滴に気づきました。こんなのを淡雪ちゅうんでしょうかね。しかし、運転は慎重にせねばな。 (^^;

1日とほぼ同じ角度で撮ったのをサムネイルにしときました。なんか、暖かい日が続いたせいか、花数がぐっと増えていたようです。紅梅も撮り直したいしで今週末にでもまた行ってみます。 (^ー^) フン

万葉集 巻第二 203 但馬皇女薨後穂積皇子冬日雪落遥望御墓悲傷流涕御作歌一首
降る雪はあはにな降りそ吉隠の 猪養の岡の塞なさまくに
零雪者 安播尓勿落 吉隠之 猪養乃岡之 塞為巻尓
ふるゆきは あはになふりそ よなばりの ゐかひのをかの せきなさまくに

緑野山 桜井満は「降る雪よ、たくさん降ってくれるな。皇女を葬った吉隠の猪養の岡が寒いことだろうから...」と訳しとります。ただ、"塞なさまくに" じゃなくて "寒からまくに" と訓読しとります。どっちだか判らないんですが穂積皇子も高い代償を払わされたようです。で、サムネイルは今日の緑野山です。わけありの山でいつも修正して貼っとりますが雪なんでそのまま貼っちゃいました。 ( ̄^ ̄)えっへん 春の緑野山

0 件のコメント:

コメントを投稿